top of page

すべてのものに、心や魂が存在する





パンサイキズムは、どのようにして生まれたのですか?


ChatGPT

パンサイキズムは、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、ロシアの哲学者であるピョートル・オクホーチミスキー(Pyotr Uspensky)によって提唱されました。

オクホーチミスキーは、西洋哲学や東洋の宗教哲学、特に仏教やヒンドゥー教の思想に影響を受け、新しい哲学的体系を構築しようとしました。彼は「パンサイキズム」という用語を作り出し、この哲学的体系を表現しました。 パンサイキズムは、最も古い哲学理論の一つであり、タレス、プラトン、スピノザ、ライプニッツ、ウィリアム・ジェイムズ、アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド、バートランド・ラッセル、ガレン・ストローソンなどの哲学者が提唱しています。 彼らは、自然や物にも心や魂が宿っているという視点を持っていました。

パンサイキズムは、すべての存在が相互につながり合い、統一された意識の一部であるという考え方に基づいています。 この考え方は、東洋の宗教哲学やヨーガの思想からの影響を受けていますが、オクホーチミスキーはそれを独自の哲学体系に統合しました。


このようにして、オクホーチミスキーによって提唱されたパンサイキズムは、人間の意識や宇宙の本質について新しい理解を提供する哲学的な枠組みとして発展しました。


パンサイキズム(Panpsychism)の意味は?


ChatGPT

パンサイキズム(Panpsychism)とは、あらゆる存在や物質に意識や心が宿っているという哲学的な立場や考え方を指します。


"pan" はギリシャ語で「全て」を意味し、"psychism" は「心理」や「心の存在」という意味です。


つまり、パンサイキズムは、「すべてのものに心が存在する」という理念を表しています。


この考え方によれば、人間や動物だけでなく、物質や自然界の中のすべての要素にも心や意識が存在するとされます。パンサイキズムは、古代の哲学者から現代の哲学者までさまざまな形で提唱されており、意識や心の本質についての理解を深めるための一つのアプローチとして注目されています。



パンサイキズムの考え方にはいくつかのバリエーションがありますが、一般的には次のような観点から理解されます。


  1. 全存在に内在する心 パンサイキズムでは、物質や存在全体に心や意識が内在していると考えられます。つまり、人間や動物だけでなく、岩や植物、星々まで、すべてのものが心を持っているとされます。

  2. 心の形態の多様性: パンサイキズムは、心の形態や質が様々であるとも考えられます。人間や動物のように高度な自己意識や認識を持つ存在から、物質や無生物のように低次元の形態で表れる存在まで、心の現れ方は多様です。

  3. パンプシキズムと物理学との関連: パンサイキズムは、物理学や神経科学の知見とも関連して議論されます。一部のパンサイキストは、量子力学や脳科学の発展をもとに、物質の微視的なレベルでの意識の可能性を提唱しています。

  4. 哲学的問題としての意識: パンサイキズムは、意識の本質や起源に関する古代からの哲学的問題に対する新たなアプローチを提供します。この立場からは、物質と意識の関係についての新たな理論や説明が試みられています。

パンサイキズムは、近年では、意識研究や哲学の領域で再び注目されており、意識や心の本質についての理解を深める上で重要な立場の一つとなっています。



最近では、パンサイキズムは量子物理学や宇宙生物学とも関連しています。 ドイツのミュンヘン数理哲学センターの数学者で物理学者のヨハネス・クライナー氏は、意識の統合情報理論(IIT)というパンサイキズム理論の1つを提唱しています。 彼は、2023年にIITの数学的な定式化を発表しました。IITに基づいて、電子や光子などの素粒子にも意識があると主張しています。また、IITは宇宙全体にも意識があることを示唆する可能性があるとしています。

ヨハネス・クライナー氏の理論は、意識の起源や本質に関する科学的な説明を試みるものです。しかし、この理論はまだ検証されていない仮説の段階であり、多くの批判や疑問に直面しています。 また、NASAと協力して、地球外生命体の探索に取り組んできたコロラド大学の宇宙生物学者ブルース・ジャコスキー氏も、生命についてパンサイキズム的な見解を示しています。

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page