top of page

自然と遊ぶ、そして家族と遊ぶ時間




不登校の子どもたちに一番大切なものは、「心の安全」です。


そのためには、会話よりもまず、自然との調和を通じて、彼らの精神的なウェルビーイングを取り戻すことは、とても意義深いことです。


自然の中で時間を過ごすことはストレスを軽減し、心を落ち着かせ、集中力を高める効果があると多くの研究で示されています。


以下に、子どもたちにも取り入れやすい自然との調和の方法をいくつか提案します。


1. 森林浴

内容: 森林浴は、森の中を散歩することによって心身の健康を促進する日本発祥の概念です。子どもたちを自然の中に連れて行き、周りの緑を感じながらゆっくりと歩かせることで、リラックス効果を高めます。

提案: 学校やご自宅の近くにある公園や森での散歩を日常的な活動に取り入れます。自然の音を聞いたり、植物の葉を触ったりすることで五感を使う活動を取り入れると良いでしょう。

2. ガーデニング

内容: 土いじりや植物の世話をすることは、心に落ち着きをもたらし、生命のサイクルについて学ぶ素晴らしい機会です。

提案: 簡単な植物から始めて、子どもたちが自分たちで世話をする責任を持たせます。ハーブや野菜など、成長が早く結果が目に見えやすい植物を選ぶと、子どもたちのやる気を引き出すことができます。

3. 自然物を使ったアート作品作り

内容: 自然の中で見つけた葉っぱや枝、石などを使ってアート作品を作る活動は、創造力を育みます。

提案: 子どもたちに自然散策をしながら美しい自然物を集めさせ、それらを使ってコラージュや絵を作るプロジェクトを行います。この活動は、自然の美しさに気づく機会を提供し、表現の喜びを教えます。

4. 自然観察日記

内容: 日々の自然の変化を観察し、記録することは、自然界とのつながりを深めるのに役立ちます。

提案: 子どもたちに小さなノートを渡し、毎日または週に一度、自然の中で気づいた変化や特別な発見を書き留めるようにします。例えば、新しい花が咲いたこと、鳥の種類、天気の変化などです。

5. 自然の中での読書や勉強

内容: 自然の中で読書や勉強をすることは、集中力を高め、学習効果を向上させることができます。

提案: 屋外に快適な読書スペースを作り、子どもたちが本を読んだり、宿題をしたりできるようにします。自然光の下での読書や勉強は、子どもたちの気分をリフレッシュさせる効果があります。

これらの活動は、不登校の子どもたちが自然との調和を通じて心の平和を見つける手助けとなり、心の健康をサポートすることが期待できます。 さらに、これらの活動は、様子を見ながら家族で一緒に楽しむこともでき、親子の絆を深める機会にもなります。




身近な遊び


もっと身近なところで、子どもたちが自分で自由にできる、自然との調和の方法もいくつか提案します。


これらの活動は、特別な準備を必要とせず、日常生活の中で気軽に取り入れられるものばかりです。

1. 水遊び

内容: 水を触ることは、感覚を刺激し、リラックスするのに役立ちます。手や足を水に浸ける、水を手で触って感じるなど、水と直接触れ合うことは心を落ち着かせる効果があります。

提案: 自宅の庭や公園の小川、または家の中で小さなボウルに水を入れて遊ぶなど、簡単にできる水遊びを楽しむことができます。


2. 風を感じる

内容: 自然の風を感じることで、心が穏やかになります。風の方向、強さ、温かさや冷たさを感じ取ることは、現在の瞬間に集中するのに役立ちます。

提案: 散歩中や窓辺、バルコニーで風に当たりながら、閉じた目で風の感触を感じる時間を持つことができます。



3. 日光浴

内容: 日光を浴びることは、ビタミンDの生成を助け、気分を明るくします。短時間でも日光に当たることで、心身の健康に良い影響を与えます。

提案: 学校に行く前や放課後に、数分間外に出て太陽の光を浴びる。または、室内で日差しが入る窓辺に座るなど、日光を楽しむ時間を作ります。


4. 土や砂を触る

内容: 土や砂を触ることは、自然との直接的な接触を提供し、感覚を通じて地球とのつながりを感じさせます。

提案: 家の庭や公園で裸足になって歩く、砂場で遊ぶ、庭いじりをするなど、土や砂と触れ合う機会を持ちます。


5. 自然物のコレクション

内容: 葉っぱ、石、枝、花など、自然の中で見つけたものを集める活動は、子どもたちの探究心を刺激します。

提案: 散歩や遊びの中で自然物を集め、それらを使って自分だけの特別なコレクションを作ります。集めたものから自然の多様性や季節の変化を学ぶこともできます。

これらの活動は、不登校の子どもたちに限らず、すべての子どもが日常的に簡単に取り入れられるものです。自然との接触は、心の健康を促進し、ストレスを軽減するのに役立つだけでなく、子どもたちの好奇心や探究心を育む機会にもなります。


1日まるごと、ゆったりと時間を過ごすことも大切です。




一緒にお料理をすることも素敵ですね。料理は、子どもたちにとって多くの意味を持ちます。 料理を通じて、家族や友達との絆を深めることができ、また、料理の過程で数学的スキル(計量や比率)、科学的知識(熱が物質に与える影響)、言語スキル(レシピの読解)、そして社会的スキル(協力や分担)など、多方面の能力を自然な形で学ぶことができます。


さらに、料理は創造性や自己表現の場でもあります。

お料理を通じた子どもとの関わり方

1. 簡単なおやつ作り

アイデア: 子どもたちと一緒にシンプルなおやつを作りましょう。例えば、フルーツサラダ、ホットケーキ、シンプルなクッキーやスムージーなど、子どもたちが実際に手を動かして作れるものを選びます。



2. 季節の食材を使う

アイデア: 季節ごとの食材を使った料理を作ることで、子どもたちに季節感を教えることができます。地元で取れた新鮮な野菜や果物を使い、その食材の特性や由来について話し合うのも良いでしょう。



3. お弁当作り


アイデア: 子どもたちと一緒にピクニック用のお弁当を作り、近くの公園で食べることも特別な体験になります。おにぎりやサンドイッチなど、子どもたちでも簡単に参加できるメニューを選びましょう。


4. フードアート


アイデア: 食材を使ったアート作品を作ることで、料理に対する興味を引き出します。例えば、野菜や果物で動物の形を作ったり、色とりどりの食材を使って絵を描くように盛り付けたりすることができます。


5. 国際料理の日

アイデア: 週に一度、世界の異なる国の料理を作る日を設けることで、子どもたちの国際的な興味や理解を深めることができます。料理を通じてその国の文化や歴史について学ぶこともできます。


料理の時間を使って、子どもたちに食材の価値や健康的な食生活の重要性について教えることができます。また、一緒に料理をすることは、子どもたちにとって自己効力感を高め、成し遂げた時の喜びや達成感を感じる大切な機会となります。


このような共同作業は、子どもたちの自信を育て、家族間のコミュニケーションを促進する素晴らしい方法です。




閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page