top of page

居宅介護支援と訪問介護の違い

   (ケアマネ)居宅介護支援     (ヘルパー)訪問介護



ChatGPT

居宅介護支援と訪問介護は、どちらも在宅介護サービスの一部ですが、提供されるサービスの内容や目的に大きな違いがあります。ここでは、それぞれの特徴と違いを簡単に説明します。

居宅介護支援(ケアマネジメント)

  • 目的: 居宅介護支援の主な目的は、要介護者やその家族に対して、総合的なケアプラン(介護サービス計画)を作成し、適切な介護サービスが提供されるよう支援することです。

  • 担当者: サービスはケアマネージャー(介護支援専門員)によって提供されます。ケアマネージャーは、利用者のニーズを把握し、医療や福祉サービスを含む幅広い支援を組み合わせて最適なケアプランを作成します。

  • サービス内容: サービス計画の作成、サービス提供事業者との調整、定期的なプランの見直し、利用者や家族への相談支援など。

訪問介護(ホームヘルプサービス)

  • 目的: 訪問介護の目的は、日常生活で必要な身体介護や生活支援を、利用者の自宅で直接提供することです。

  • 担当者: サービスは訪問介護員(ホームヘルパー)によって提供されます。訪問介護員は、身体介護(入浴、排泄、食事の介助など)や生活支援(掃除、洗濯、買い物支援、調理など)を行います。

  • サービス内容: 利用者の自宅を訪問し、個別のニーズに応じた身体介護や生活支援を行います。

主な違い

  • 役割の違い: 居宅介護支援(ケアマネジメント)は、介護サービス全体の調整やプランニングを担当します。一方、訪問介護は、具体的な介護や生活支援を直接提供する役割を持ちます。

  • 提供するサービスの性質: 居宅介護支援は計画や調整、相談支援が中心ですが、訪問介護は実際の介護や生活の手助けが中心です。

両サービスは連携して機能し、利用者が自宅で安心して生活できるよう支える重要な役割を果たしています。


ああ、「居宅介護支援」は、介護するヘルパーさんをマネジメントすることで介護の仕事を支援するということですね。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page