top of page

核兵器禁止条約(TPNW)の署名・批准状況(2024年2月22日時点)





核兵器禁止条約(TPNW)の署名・批准状況 (2024年2月22日時点)by Gemini


発効: 2021年1月22日

締約国数: 68ヶ国

署名国数: 86ヶ国

最新情報:

  • 2023年10月24日、キリバスが批准。

  • 2023年12月7日、パナマが署名。

国名リスト:

締約国(68ヶ国)

詳細は以下のリストを参照。

  • アイルランド

  • アルバニア

  • アンティグア・バーブーダ

  • オーストリア

  • バングラデシュ

  • ベリーズ

  • ベトナム

  • ボリビア

  • ボツワナ

  • ブラジル

  • ブルネイ

  • キリバス

  • コスタリカ

  • コートジボワール

  • キューバ

  • ドミニカ

  • ドミニカ国

  • エクアドル

  • エルサルバドル

  • フィジー

  • ガボン

  • ガンビア

  • ガーナ

  • グレナダ

  • グアテマラ

  • ギニアビサウ

  • ホンジュラス

  • イエメン

  • ジャマイカ

  • ヨルダン

  • カザフスタン

  • ケニア

  • キリバス

  • コソボ

  • クウェート

  • ラオス

  • レバノン

  • レソト

  • リビア

  • マラウイ

  • マレーシア

  • マルタ

  • マーシャル諸島

  • メキシコ

  • モザンビーク

  • ナミビア

  • ナウル

  • ネパール

  • ニュージーランド

  • ニカラグア

  • ナイジェリア

  • ニウエ

  • パラオ

  • パレスチナ

  • パナマ

  • ペルー

  • フィリピン

  • サモア

  • セントクリストファー・ネイビス

  • セントルシア

  • セントビンセント・グレナディーン諸島

  • セネガル

  • シエラレオネ

  • ソロモン諸島

  • 南アフリカ

  • スリランカ

  • スーダン

  • スリナム

  • タンザニア

  • タイ

  • 東ティモール

  • トリニダード・トバゴ

  • チュニジア

  • ウガンダ

  • ウルグアイ

  • バヌアツ

  • ベネズエラ

  • ザンビア

  • ジンバブエ

署名国のみ(18ヶ国)

  • アルジェリア

  • アンゴラ

  • ベニン

  • ブラジル

  • チリ

  • コモロ

  • コンゴ共和国

  • コンゴ民主共和国

  • エジプト

  • 赤道ギニア

  • フィジー

  • ギニア

  • インドネシア

  • マリ

  • モロッコ

  • モザンビーク

  • パキスタン

  • パプアニューギニア

  • ザンビア


締約国、署名国の違いは?


核兵器禁止条約(TPNW)における 締約国と署名国の主な違いは以下の通りです。

締約国

  • 条約のすべての条項に法的拘束力を持つ

  • 条約の遵守義務を負う

  • 条約に基づく会議に参加する権利を持つ

  • 条約の改正を提案する権利を持つ

署名国

  • 条約の支持を表明している

  • 条約の批准手続きを進めている

  • 条約の遵守義務は負わない

  • 条約に基づく会議にはオブザーバーとして参加できる

締約国になるためには

  • 条約に署名する

  • 自国の憲法上の手続きに従って条約を批准する

  • 批准書を国連事務総長に寄託する

締約国と署名国の数の推移

  • 2021年1月22日:TPNWが発効。50ヶ国が締約国となる。

  • 2023年12月7日:86ヶ国が署名、68ヶ国が締約国となる。


ということは締約国はすでに核兵器を持っていない、署名国は持っている可能性はあるということですか?


Gemini

はい、基本的にはその通りです。

締約国

  • 核兵器の開発、保有、使用、移転、威嚇を禁止する条約のすべての条項に法的拘束力を持つ

  • 核兵器を保有していないことを宣言する必要があります

  • 核兵器の廃絶に向けた努力を積極的に進める必要があります

署名国

  • 条約の支持を表明している

  • 条約の批准手続きを進めている

  • 核兵器の保有状況を明示する義務はない

例外

  • 締約国であっても、核兵器の「暫定配備」を認めている場合がある

  • 署名国であっても、核兵器の廃絶に向けた努力をしている場合がある

現状

  • 2024年2月22日時点、すべての締約国は核兵器を保有していない

  • 署名国の中には、核兵器を保有している国も存在する ※参考……国際連合(国連)加盟国数: 193カ国

日本は核兵器禁止条約(TPNW)の締約国ではない?


Gemini

はい、日本は2024年2月22日現在、核兵器禁止条約(TPNW)の締約国ではありません。

日本政府は、TPNWに参加しない理由として、以下の点を挙げています。

  • 核兵器保有国が参加していないため、核廃絶に向けた現実的な道筋にならない

  • アメリカの核抑止力に依存している日本の安全保障環境に合致しない

  • 条約の内容が国際法上の既存の枠組みと整合していない

一方、TPNWの締約国や市民社会からは、日本政府に対して、以下の理由からTPNWに参加するよう求める声が上がっています。

  • 核兵器の非人道的兵器としての性質を国際的に明確化し、核兵器廃絶に向けた国際的な機運を高める

  • 核兵器の被害を受けた国として、核廃絶に向けた道筋を模索する責任を果たす

  • 将来世代に核兵器のない世界を引き継ぐために、積極的な役割を果たす

今後、日本政府がTPNWに参加するかどうかは、国際情勢や国内世論の変化などを踏まえながら判断していくものと思われます。




日本は署名国でもない?


Gemini

はい、2023年2月22日現在、日本は核兵器禁止条約(TPNW)の署名国でもありません。

日本政府は、TPNWに署名しない理由として、以下の点を挙げています。

  • 核兵器保有国が参加していないため、核廃絶に向けた現実的な道筋にならない

  • アメリカの核抑止力に依存している日本の安全保障環境に合致しない

  • 条約の内容が国際法上の既存の枠組みと整合していない

TPNWは2017年7月に採択され、2021年1月22日に発効しました。2023年2月22日現在、86ヶ国が署名、68ヶ国が批准しています。

日本政府は、TPNWに参加しない代わりに、核兵器のない世界の実現に向け、以下の取り組みを進めています。

  • 核軍縮・核不拡散に向けた国際的な努力を支持

  • 核兵器の被害を受けた国への支援

  • 核兵器の非人道性を訴える外交努力

しかし、TPNWの締約国や市民社会からは、日本政府に対して、TPNWに参加するよう求める声が上がっています。

今後、日本政府がTPNWに署名するかどうかは、国際情勢や国内世論の変化などを踏まえながら判断していくものと思われます。

日本がTPNWの「条約の内容が国際法上の既存の枠組みと整合していない」というのは、どういう理由ですか?


日本政府がTPNWの条約内容が国際法上の既存の枠組みと整合していないと主張する主な理由は以下のとおりです。


核兵器の定義

TPNWは、核兵器を「核爆発を引き起こす能力を有する装置」と定義しています。一方、核拡散防止条約(NPT)では、核兵器の定義が明確に示されていません。日本政府は、TPNWの定義がNPTと整合していないと主張しています。

核兵器の使用の禁止

TPNWは、締約国に対して、核兵器の使用を禁止しています。一方、NPTは、核兵器保有国に対して、核兵器の使用を「極めて例外的な場合」にのみ認めています。日本政府は、TPNWの禁止がNPTと整合していないと主張しています。

核兵器の廃絶

TPNWは、締約国に対して、核兵器の廃絶に向けて努力することを義務付けています。一方、NPTは、核兵器保有国に対して、核軍縮交渉を進めることを義務付けていますが、具体的な廃絶期限は示されていません。日本政府は、TPNWの廃絶義務がNPTと整合していないと主張しています。

日本政府の立場

日本政府は、核兵器の廃絶は国際社会全体の課題であり、TPNWに参加しなくても、核軍縮・核不拡散に向けた努力を継続していくと表明しています。※上記の情報は2023年12月19日時点のものとなります。



参考資料:

注釈:

  • 上記の情報は2024年2月22日時点のものとなります。

  • 最新の情報については、上記の参考資料を参照してください。

閲覧数:5回0件のコメント

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page