top of page

日本の統計教育は30年遅れている?

更新日:1月23日




日本の統計教育の歴史概要


1990年代:西洋諸国では統計教育が既に始まっていた。

2003年:PISAショックにより、日本の統計教育に対する危機感が高まる。

2008〜2009年:学習指導要領の改訂で、統計学習の重要性が認識され、カリキュラムに統計やデータに基づく問題解決学習が導入される。

2017〜2019年:改訂学習指導要領で統計教育の内容が充実し、データサイエンスとAIの普及を反映させる。


算数・数学教員のための情報サイトSAMEの記事引用


日本における小学校の統計教育は、2018年以降の新しい学習指導要領の中で、より重要性を増しています。平成29年(2017年)に公示された小学校の学習指導要領では、算数科目における統計教育が充実され、子どもたちが必要なデータを収集・分析し、その傾向を踏まえて問題を解決するための統計教育が強調されています。


この変更は、データサイエンスの進展やデータに基づいた意思決定の重要性が高まったことに対応しています。


また、総務省統計局は新学習指導要領で強調されている統計教育の充実に向けて、教育現場をサポートするための授業モデルや補助教材を提供しており、児童・生徒が統計に親しみを感じながら学べるよう取り組んでいます。


さらに、統計教育の実践的な授業モデルを提供しており、実際に統計局が実施している統計調査の結果などを教材として使用しています。これらの教材は、児童・生徒に統計をより理解しやすくするために、教師がそのまま使用したり、適宜アレンジを加えたりして使用することを意図しています。


日本の小学校における統計教育


統計教育に関する詳細や具体的な学習指導要領は、文部科学省のウェブサイトで提

日本の小学校における統計教育は、以下のような時系列の変遷を辿っています


  • 平成29年(2017年):小学校の新学習指導要領が公示され、算数科での統計教育が強化されました。これにより、データを活用して問題を解決する能力の育成が目指されています​​​​。

  • 令和2年(2020年): 全面実施された新学習指導要領に基づき、統計教育がカリキュラムに組み込まれました。授業では、実際のデータを用いて統計的な思考や分析が行われるようになりました​​​​。

  • その後:統計局では、統計教育を支援するための授業モデルや補助教材を提供し、教師が授業で利用できるようにしています。これにより、統計に関する具体的な学習が促進されています​​。

以上の情報は、総務省統計局のサイトや文部科学省の公式発表などから得られるものです。 実際の学校での授業内容や進度については、それぞれの学校や地域の状況によって異なる場合があります。より詳しい情報や最新の状況については、文部科学省のウェブサイトで確認することをお勧めします。


総務省統計局の統計学習のためのWebサイト


閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page