top of page

不登校でも「出席扱い」にできる、無学年式AI教材で卒業・進学に希望を【すらら】[PR]

更新日:3月14日




お子様が不登校になると、親はやることがたくさん増えます。 いろいろなところから情報を得たり、子どもにどのように接したらいいか、一所懸命いろいろな選択肢を考えている親御さんも多いのではないでしょうか。 ■情報を集める

学校の担任やスクールカウンセラーと話す

不登校経験者やその保護者によるブログや書籍を読む

フリースクールなどの民間の支援団体を調べる

■行動する 不登校の「親の会」に行ってみる

保健室登校をする

フリースクールに行く

など いろいろな人と話しあったり、情報を得たりする中で、意見の食い違いや葛藤が出ることは避けられません。そんな中で、親自身のメンタルを保つことも容易ではありませんし、家族の会話も難しいものになってきます。


やっと決心してフリースクールに行くとか、そこまで決めるとしても、見学に行ったり、子どもの様子を見はからったりと、たくさんの時間がかかってしまいます。その間にも、お子様の勉強はどんどん遅れていきますね。


「すらら」は、その設立当初から「無学年方式」を採用し、個別化学習の実施を主要な特徴としてスタートしました。 このサービスは、各学習者の理解度や学習進度に応じて、個別化された学習プランを提供することで、無学年教育の原則を実現しています。 つまり、学習者が自分のペースで、必要な学習内容を身につけられるよう設計されており、年齢や学年にかかわらず、自分が立ち止まったところまで戻って学習することができるのです。

このアプローチは、特に学習に障害を持つ子どもたちや、不登校の生徒、学習進度が標準的な学校のカリキュラムと異なる生徒にとって非常に有効です。 特にオンラインでの学習ですから、心理的な負担も少なく、学習にすぐにとりかかることができます。きちんと学習が進めば、学校との連携で、自宅ですらら学習を使い、学校を「出席扱い」にすることも可能です。 AIを活用して個々の学習状況を分析し、最適な学習コンテンツと指導方法を提供することで、一人ひとりに合った教育を実現しています。

そのため、「すらら」はこれにより、従来の教育システムでは満たされなかった様々な学習ニーズに応え、多くの学習者に新たな学習の機会を提供しています。



 


「すらら」は2010年代の初めにサービスを開始したとされています。 正確には、2011年に「すららネット」が設立され、それ以降、日本国内でのオンライン学習支援サービスとして提供が始まりました。 このサービスは、AI(人工知能)を活用して、学習者一人ひとりの理解度や進度に応じた個別の学習プランを提案し、無学年方式での学習をサポートしています。

「すらら」の開発は、教育における個別化と効果的な学習方法の提供を目的としており、不登校の生徒や特別な支援が必要な生徒を含む、幅広いニーズに応える教材として注目されています。 AI技術の利用により、各学習者の弱点を特定し、その弱点を克服するための演習を自動で提供するなど、効率的かつ効果的な学習環境を実現しています。 そして、「すらら」は、発達障害の専門機関、「子どもの発達科学研究所」との共同開発でできています。


【参考】「無学年方式」の考え方

「無学年方式」の考え方は、20世紀初頭にすでに存在していた教育理論に根ざしています。このアプローチは、子どもたちが自分のペースで学ぶことを重視し、年齢や学年に基づく制約から解放することを目的としています。 しかし、無学年教育が広く知られるようになったのは、20世紀の中頃から後半にかけてです。

無学年方式の具体的な実践例として、マリア・モンテッソーリやルドルフ・シュタイナーによる教育法があります。 モンテッソーリ教育は1907年にイタリアで始まりました。この教育法は、子ども一人ひとりの自主性と能力を尊重し、個々の発達に合わせた学習を促進します。 また、シュタイナー教育(ワルドルフ教育)も、1919年にドイツで始まり、子どもの個性と学習ニーズに焦点を当てる教育法です。

これらの教育法は、無学年方式の教育理念を具体化したものと言えます。 20世紀後半には、これらの理念に基づく学校やプログラムが世界中で広がり始めました。 特に、テクノロジーの発展によって、21世紀に入ると、オンライン教育プラットフォームやアプリが無学年方式の学習をさらに容易にし、個別化された教育への関心が高まりました。

総じて、無学年方式は長い歴史を持ち、教育における個別化と自主性の重要性を強調する多くの教育思想家によって支持されてきました。 現代では、この方式が教育のイノベーションとして再評価され、さまざまな形で実践されています。 オンライン学習のメリット

個別の配慮: オンライン学習では、講師が一人ひとりの生徒のニーズに合わせて指導できるため、子どもが自分のペースで学ぶことができます。これにより、学習に対するプレッシャーが軽減され、心に優しい学習環境が実現します。


安全な学習空間:

自宅や好きな場所で学ぶことができるため、心が傷ついた子どもにとって安全な空間で学習を進めることが可能です。不安を感じることなく、学びに集中できる環境は、学習効果を高めるだけでなく、自信を取り戻す手助けにもなります。


人間関係のストレス軽減:

オンライン学習では、学校での人間関係に起因するストレスから離れることができます。これにより、学習に対するネガティブな感情が減少し、淡々とポジティブに学ぶ姿勢を育むことができます。 自分のペースで学び、個別のサポートを受けることができるオンライン学習は、子どもたちが学習に対して再び自信を持つきっかけを提供することができます。このような環境での学習は、学業だけでなく、心の回復にも役立つ可能性があります。


柔軟なサポート:

心が傷ついた子どもたちが感じる可能性のあるさまざまな感情や状況に対して、経験豊かな講師から柔軟にサポートを受けることができます。この個別対応は、子どもが自分自身と向き合い、成長していく上で重要です。




無料体験もありますので、気になる人は下記から確認してみてください。




勉強を続けることの意義

自信の構築:

学習を通じて知識やスキルを身につけることは、子どもたちの自己効力感を高め、自信を構築する上で重要な役割を果たします。


問題解決能力の向上:

学習プロセスは、単に知識を蓄えることだけでなく、問題解決能力や批判的思考能力を養う機会も提供します。これらのスキルは、学校だけでなく、将来の人生全般においても役立ちます。


社会への適応:

学習を続けることは、社会的スキルやコミュニケーション能力の発展にも寄与します。オンライン教育でも、ディスカッションやプロジェクトベースの学習を通じて、他者との協働の機会があります。


困難の乗り越え方

学習へのアプローチを変える:

従来の教育システムに適応できない子どもたちにとって、AIを活用した個別化された学習プログラムや無学年式のオンライン教育は、学習への新たなアプローチを提供します。


サポート体制の整備:

学習を続けるためには、家族や教育関係者、オンラインコミュニティからのサポートが不可欠です。これにより、子どもたちは困難な時期を乗り越え、学習に集中することができます。


学習以外の活動の重視:

学習だけでなく、趣味やスポーツ、アート活動など、子どもが興味を持つ他の活動への参加も促します。これにより、心のバランスを保ち、全人的な成長を促進します。


勉強を続けることの意味を理解し、続けることさえできれば、多くの子どもたちはそれが自信になって、時間とともに困難を乗り越えることができるでしょう。そして、その後も、自らの力でさまざまな問題に対処できるようになるのではないでしょうか。 教育の目的は、知識の習得だけでなく、子どもたちが自分自身と向き合い、社会で生きていくための本当の力を身につけることにあります。 それぞれの子どもが持つユニークな能力や興味を理解し、それをサポートすることが、彼らが学び続け、成長していく上での鍵となります。

閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page