top of page

重度訪問介護事業所の悩み解剖




重度訪問介護事業所の悩みがだんだんわかってきました。

あまりに大変すぎて、言語化できないというのが1番目の関所。


シフト管理の対応が忙しい

請求業務が複雑 労務管理がめんどう

役所対応は電話?💫

大量の書類を整理するのが大変…

障害福祉サービスの最新情報を追っているが、理解が追い付いていない。


等々、重度訪問介護事業所が抱える事務作業は膨大です。


管理者やヘルパーが日々直面している、これらの問題を細かく見ていきましょう。


膨大な書類作成:

ケアプランの作成、サービス提供記録の管理、利用者の状態報告書、各種申請書類など。これらの書類作成を手書きでしている事業所もまだ多く、紙による書類管理は検索もできないので時間と労力が必要で、細心の注意が求められます。


人間関係のストレス:

忙しいなかでのスタッフ間でのコミュニケーションの不一致や、利用者やその家族とのトラブルは日常茶飯事です。これにより、現場の雰囲気が悪化し、ストレスが溜まると、利用者様にもその影響が広がってしまうかもしれません。


このままでは、サービスの質が低下するだけでなく、スタッフのストレスも増加し、最悪の場合、退職者が出ることも考えられます。


加算の手続きや計算:

適切な加算を受けるための手続きは非常に複雑で、正確な記録と定期的な報告が求められます。これを怠ったり、間違えたりすると減算や罰則のリスクや、適切な介護報酬請求ができなくなります。そして、財務上の問題が生じることもあります。


定期的な研修の負担:

法改正やサービス内容の次々の変更に伴い、定期的に研修を実施する必要があります。研修の計画や資料作成も時代や法律によって変更する必要があり、実施に伴う事務作業も大きな負担です。


こうした事務作業に追われるあまり、現場のヘルパーさんたちが本来の介護業務に集中できず、疲弊してしまうケースも少なくありません。昨今では、簡単に辞めてしまう職員も多いようです。


財務報告のプレッシャー:

財務報告を怠ると罰金や制裁を受けるリスクがあり、助成金や補助金の停止、信頼の喪失、追加の監査、さらには事業停止のリスクがあります。


財務報告を怠ると、市や地方自治体からの罰金や制裁、助成金や補助金の停止、信頼の喪失、追加の監査、さらには事業停止のリスクもあります。



私たちの取り組み:


私たちは、ITの力を使って、あなたの事業所の事務作業を大幅に効率化します! あなたの事業所に相応しい、新しいソフトウェアやAIを導入して、書類作成やデータ管理を自動化。事務作業にかかる時間を劇的に削減します。そうすることで、スタッフが本来の介護業務に集中できる環境を整えることができます。



私たちは未経験からスタートし、初任者研修や実務者研修のテキストでヘルパーの仕事を学び、障害福祉サービス制度についても徹底的にリサーチしました。法改正に伴う事務作業の変化にも対応し、事務効率を10倍に向上させる新しいソフトを導入しました。これにより、日々の作業時間は10分の1になる可能性があります。



私たちは以下のサービスを提供します:


「書類作成やデータ管理」の自動化:

事務ぎ効率的になり、会計ソフトまでの連携が可能なソフトウェアを導入し、事務作業の手間を大幅に削減します。※ ソフトが連携できないと、そのソフトに重複して入力する必要が出てきます。


スタッフ間のコミュニケーション改善:

新しいITツールを活用し、スタッフ間の情報共有を円滑にします。


研修資料作成の支援:

最新の法改正やサービス内容に対応した研修プログラムを提供し、スタッフのスキル向上をサポートします。


財務報告のサポート:

正確な財務報告を行うためのツールとアドバイスを提供し、罰則リスクを回避します。






今、あなたの事業所でも今すぐ効率化のステップを始めませんか? 

無料でご相談いただけます。


まずはZoomでお困りごとをお話しください。

一緒に解決策を見つけていきましょう!


右下のお問い合わせボタンより、お気軽にお問い合わせください。 介護に専念できる環境を一緒に作り上げましょう!



重度訪問介護事業所に関わったきっかけはこちら







閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page