top of page

GIGAスクール構想とは[PR]

更新日:2月12日



GIGA(Global Innovation Gateway for All)スクール構想



GIGAスクール構想は、文部科学省が進める取り組みで、すべての児童・生徒に1人1台のタブレットを配備し、高速大容量の通信ネットワークを整備することを目指しています。


この構想の背景には、ICT教育の充実と教育のICT化があり、新型コロナウイルスの影響も受けて、オンライン学習やデジタル教材の活用が加速しました。



タブレット教育の歴史

しかし、GIGAスクール構想以前から、いくつかの自治体や学校では既にタブレットを教育に取り入れていました。これらの取り組みは、2010年代初頭から段階的に始まり、特に先進的な地域や私立学校では、早くからデジタルデバイスを教育に導入している例があります。


地域による差

タブレット教育の導入時期は、地域や学校の方針、予算、教育への取り組み方針によって大きく異なります。そのため、全国一律に「いつから」と定めることはできませんが、GIGAスクール構想により、全国的に一人一台のデバイスを持つ教育環境が整備されることになりました。


以上のことから、日本におけるタブレット教育の開始時期は地域や学校によって異なるものの、2020年のGIGAスクール構想開始をもって、全国的な規模での推進が始まったと言えるでしょう。


「GIGAスクール構想」とは、日本の文部科学省が推進している教育改革の一環で、すべての児童・生徒に一人一台の端末(主にタブレット)を提供し、学校のICT環境を整備することを目的としています。


この構想は、教育の質の向上と教育格差の解消を図るためのもので、以下のような主要な要素から成り立っています。


主な目的と特徴

  1. 一人一台の端末: 全ての児童・生徒にパーソナルな学習デバイスを提供することで、より個別化された学習が可能になります。

  2. ハイスピードなインターネット接続: 学校に高速なインターネット環境を整備し、オンライン学習の利便性を高めます。

  3. 教育のICT化: 教育現場におけるICT(情報通信技術)の利用を促進し、デジタル教材やオンラインコンテンツの活用を推進します。

  4. 教育格差の解消: 地域や家庭環境にかかわらず、全ての児童・生徒が同等の学習機会を得られるようにすることを目指しています。

実施背景

GIGAスクール構想の背景には、以下のような要因があります。

  • デジタル化の進展: 社会全体のデジタル化に伴い、教育分野でもICTの活用が必須となっています。

  • 新型コロナウイルスの影響: 新型コロナウイルスの流行による学校閉鎖やオンライン授業の増加が、この構想の急速な推進を促しました。

  • 将来への備え: 21世紀のスキルとして、情報リテラシーやプログラミング能力などが求められるようになり、それを支える教育環境の整備が重要視されています。

今後の展望

この構想の下、日本の教育現場では今後、ICTを活用した授業が一般化し、学びのスタイルが大きく変わることが期待されています。 また、児童・生徒たちがデジタル環境で学ぶことにより、21世紀の社会で必要とされるデジタルスキルや問題解決能力の向上が目指されています。

ただし、一人一台の端末提供やネットワーク環境の整備には、多くの課題も伴います。 例えば、端末の管理や保護、オンラインでの安全な利用、教員のICTスキル向上、教材のデジタル化など、様々な面での支援や体制整備が求められています。


GIGAスクール構想の地域ごとの進捗状況を知りたい場合、以下の情報源を調べることをお勧めします。

  1. 文部科学省の公式ウェブサイト: 文部科学省はGIGAスクール構想の中心的な役割を担っているため、公式ウェブサイトには構想の全国的な進捗状況や関連情報が掲載されている可能性が高いです。

  2. 各都道府県の教育委員会のウェブサイト: 都道府県や市区町村の教育委員会のウェブサイトでは、その地域特有の進捗状況や具体的な取り組みについての情報が提供されていることがあります。

  3. 地元の学校のウェブサイトまたはお知らせ: 地域の学校や教育機関が独自に情報を提供している場合もあります。特に、保護者向けの情報として、学校からのお知らせやニュースレターなどを通じて進捗状況が共有されることがあります。

  4. 地域のニュースメディア: 地域の新聞やニュースサイトなどでは、GIGAスクール構想に関連する地域の動向について報じられることがあります。

  5. 教育関連のイベントやセミナー: 教育関連のイベントやセミナーでは、GIGAスクール構想の進捗についての情報が共有されることがあります。

  6. SNSやオンラインフォーラム: 教育関連のSNSのグループやオンラインフォーラムでは、GIGAスクール構想に関連する議論や情報交換が行われることがあります。

これらの情報源を通じて、特定の地域におけるGIGAスクール構想の進捗状況を知ることができるでしょう。また、直接地元の学校や教育委員会に問い合わせることで、最新の情報を得ることが可能です。




閲覧数:32回0件のコメント

Comments


bottom of page