top of page

ゲーム依存症 ゲーム障害




ゲーム依存症は、ゲーム障害とも呼ばれ、世界保健機関(WHO)によって正式な病気として認定されています。ゲームに過度に没頭し、日常生活に支障をきたす状態が特徴です。

症状

ゲーム依存症の主な症状は以下の通りです。

  • ゲームへの強い衝動や渇望

  • ゲーム時間をコントロールできない

  • ゲーム以外の活動への興味や関心の喪失

  • ゲームを止めようとしても止められない

  • ゲームのせいで学業、仕事、人間関係などに問題が生じている

  • 罪悪感や不安を感じながらもゲームを続けてしまう

これらの症状のうち、5つ以上当てはまる場合は、ゲーム依存症の可能性があります。

原因

ゲーム依存症の原因は複雑で、まだ完全には解明されていません。しかし、以下の要因が関係していると考えられています。

  • 遺伝的要因: ゲーム依存症になりやすい体質がある

  • 性格的要因: 衝動性や逃避性が高い

  • 環境要因: ストレスが多い、人間関係に問題がある

  • ゲーム自体の要因: 刺激が強い、中毒性が高い

治療

ゲーム依存症の治療には、主に以下の方法があります。

  • 心理療法: 認知行動療法など、ゲーム依存症の考え方や行動パターンを変えるための治療

  • 薬物療法: 抗うつ薬や抗不安薬など、症状を緩和するための薬物療法

  • 家族療法: 家族も巻き込んで、ゲーム依存症の克服を目指す治療

予防

ゲーム依存症を予防するためには、以下のことに注意しましょう。

  • ゲーム時間を制限する: 1日1時間程度など、ゲーム時間を決めておく

  • ゲーム以外の趣味を持つ: 運動や読書など、ゲーム以外の楽しみを見つける

  • ストレスを溜めない: 適度な運動や睡眠、趣味などでストレスを解消する

  • 人間関係を良好にする: 家族や友人とコミュニケーションをしっかりと取る

ゲーム依存症は、誰にでも起こり得る病気です。自分は大丈夫と思っていても、ゲームに過度に没頭していると感じたら、早めに専門家に相談することが大切です。

参考情報

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page