top of page

障害者の就労支援

更新日:3月10日



障害者の就労支援

日本では、障害者差別解消法や障害者の雇用促進等に関する法律に基づき、様々な就労支援制度が設けられています。これらの制度は、障害者が能力を発揮して社会参加できるよう、就職、就業、定着を支援することを目的としています。



最近の取り組み

近年、政府は障害者の雇用率向上に向け、様々な取り組みを行っています。

課題

障害者の雇用率は依然として低く、多くの課題が残されています。

  • 企業側の理解不足:障害者に対する理解不足や偏見

  • 障害者側の不安:職場での人間関係や仕事への不安

  • 支援体制の不足:質の高い支援を提供できる体制の不足



障害者に対する主な支援制度

  1. 障害者職業能力開発校 障害者が職業能力を習得するための教育訓練を実施

  2. 就労移行支援事業所 就職活動の支援、職業訓練、職場適応訓練などを行う

  3. 就労継続支援事業所 一般企業への就職が困難な障害者に対して、就労の機会を提供

  4. 就労定着支援 一般企業に就職した障害者に対して、職場での定着を支援

  5. 障害者雇用納付金制度 障害者を雇用した事業主に対して、国から助成金が支給

今後の展望

政府は、2025年までに障害者雇用率2.3%達成を目指しています。

  • 企業の意識改革:企業向け研修やセミナーの開催

  • 支援体制の強化:支援事業所の拡充、支援人材の育成

  • 障害者のエンパワーメント:障害者自身が能力を発揮できる環境づくり

参考


一般も含めた就労支援の概要


専門的な技術や知識を学ぶための訓練プログラム。障がい者や離職者などが対象。

履歴書の書き方、面接対策、職業選択のアドバイスなど、就職活動に必要な準備をサポート。

障がいを持つ人が一般企業で働けるように、職場適応訓練や就労移行支援、就労継続支援などを行う。

学校を卒業したばかりの若者や未就業の若年者を対象に、職業訓練や就職活動のサポートを提供。

リストラや倒産などで職を失った人々が再び就職できるように、職業訓練や求人情報の提供、キャリア相談を行う。

自立支援事業 (社会参加支援事業)

就労だけでなく、日常生活の自立や社会参加を目指すための支援。障がい者や高齢者などが対象。

地域活動支援センター

地域コミュニティ内での活動や小規模な就労機会を提供し、社会参加を促進する。











閲覧数:2回0件のコメント

Comentarios


bottom of page