top of page

不登校の要因、子どもの居場所、保護者が困っていることなどアンケート

更新日:2月13日




不登校に関するアンケート調査結果


不登校の子どもを持つ保護者の悩みに関するアンケート調査結果を見ると、様々な課題が明らかになっています。


一つの調査では、不登校の主な原因として「学校のルールや雰囲気が合わない」が56.5%と最も多く、次いで「本人の発達障害や特性」が47.8%、「教師との相性」が39.1%と続きます。


また別のアンケートでは、不登校の原因の1位は「いじめ」となっています。




これらの結果は、学校の環境がすべての子どもに合っているわけではなく、特に発達障害を持つ子どもたちや、特定の教師との関係性に問題を抱えている場合が多いことを示しています。


さらに、不登校の子どもを持つ家族の間では、人との関係性が希薄化する傾向も見られます。約半数の家族が、家族や親戚以外との関わりがほとんどないと答えています。


これは子どもだけでなく、保護者にも影響を及ぼしています。



スポンサーリンク




例えば、親が仕事を休職や退職するケースがあり、これにより親自身が社会的なつながりを失い、孤立するリスクがあります。


また、家庭内の問題も大きな課題として挙げられます。


不登校の子どもを持つ約43%の家庭では、夫婦間で子どもの問題について十分な話し合いができていない状況があります。これらの調査結果は、不登校の子どもを持つ家族が直面している複雑な問題を浮き彫りにしています。


学校教育のシステムが、すべての子どもに適合していない現状、家庭内のコミュニケーションの問題、社会的なつながりの喪失など、多角的な視点からの対策が必要であることがわかります。



不登校の子どものサポート体制について


不登校のお子さんを持つ親御さんは、日々、多くの悩みや不安を抱えています。


「学校に行くことが難しい子どもをどのようにサポートすれば良いのか?」

「どうすれば学習の環境を整えてあげられるのか?」、

そして何より、

「子どもの心の健康をどのように守っていけば良いのか?」。

これらは、親御さんが直面する大きな課題です。


一番苦しいのは子ども自身ですが、親御さんも毎日の生活の中で、お子さんの将来についての心配や、周囲の人々の目、学校生活への復帰の可能性など、さまざまなプレッシャーに直面していますね。


このような状況の中で、不登校のお子さんを支援する新しい方法として、 高卒認定資格の取得についてもサポートしている、「ティントル」というオンラインサポートサービスがあるのをご存じでしょうか?


ティントルは、学校の教科書の内容に沿った準拠のICT教材を使い、不登校のお子さん一人一人の状況に合わせた個別指導を行い、お子さんと保護者の双方をサポートしています。


ここで、ティントルが提供するサービスの特徴をご紹介します。 もし、ご興味がある方は、この先をお読みください。



ティントルのサービスは、以下のような特徴を持っています。


  1. 不登校専門の個別指導: ティントルでは、不登校の小中高校生の子どもたち一人一人に合わせた学習計画を立て、マンツーマンで指導します。教育心理カウンセラーや不登校心理相談士などの資格を持つスタッフが、子どもたちの学習をサポートします。

  2. 全国どこからでもアクセス可能: オンラインであるため、心理的な負担が低く、どの地域に住んでいても、相性の良い講師を見つけることができます。子どもたちが憧れる講師との出会いが、勉強へのモチベーションを高めます。

  3. 家庭全体へのサポート: 生徒だけでなく、保護者の方々へのサポートも充実しています。家庭での学習や日常生活の悩みにも、専門のスタッフが寄り添ってアドバイスを提供します。

  4. 学校との連携: ティントルでの学習を、学校長の認可を経て、学校の出席扱いや学習評価に反映されるためのサポートを行います。

  5. オプションサービスの提供: プログラミング個別指導や対話型探求プラットフォーム「スコラボ」など、さまざまなオプションサービスも提供しています。

ティントルは、生徒ひとり一人に合わせて様々な角度から相性の合う講師をマッチングしています。不登校の子どもたちが自分に合った学習方法を見つけ、自信を持って学び続けられるよう支援しています。 学校に行けない子どもたちにとって、ティントルは安心できる居場所、チャンスへのきっかけとして、大きな希望となるでしょう。 「海外子女向けeFFISAGE」も全国展開中!


      詳しくはこちらから👇




閲覧数:53回0件のコメント

Commentaires


bottom of page