top of page

アクティブラーニングと自立型学習は同じこと?

更新日:2月10日





アクティブラーニングと自立型学習は似ているようで、実は異なる概念です。


この二つの学習方法は、学び方において重要な役割を果たしますが、それぞれの特徴や目的には違いがあります。

アクティブラーニングは、授業や学習の場で、学生が受動的に情報を受け取るのではなく、能動的に参加し、議論したり、問題解決を試みたりすることを指します。 この方法では、先生はガイドの役割を果たし、学生が自分で考え、学び、理解を深める機会を提供します。アクティブラーニングは、学生が授業内容に積極的に関わることで、理解を深め、記憶に残りやすくすることを目的としています。

一方で、自立型学習は、学習者が自分自身の学習プロセスを管理し、自分で学習目標を設定し、必要な資源を見つけ、進捗を評価する能力を育むことを指します。 自立型学習では、学習者は自分の学びに完全に責任を持ち、自分で学習の方向性を決めることが重要です。


この方法は、生涯学習のスキルを育て、自分自身で新しい知識や技能を習得する能力を高めることを目的としています。




つまり、アクティブラーニングは学習のプロセスにおいて学生が積極的に関わることを重視し、自立型学習は学習者が自分の学習を自分で管理し、主導することを重視します。


どちらも学習者が能動的に学び、成長することを促す方法ですが、そのアプローチや焦点には違いがあります。






── 自立型学習は学校の外で行われるということですか?


自立型学習は、学校の外だけでなく、学校内でも行われることがあります。


この学習方法の重点は、学習者が自分自身の学習過程をどのように管理し、主導するかにあります。つまり、場所に限定されるわけではありません。


学校の外では、自立型学習が特に重要になります。なぜなら、学習者は教師や同級生から直接的なサポートを受けることなく、自分で学習目標を設定し、資料を探し、学習の進捗を評価する必要があるからです。


このプロセスを通じて、学習者は自己管理能力や問題解決能力、批判的思考能力など、重要なスキルを身につけることができます。



一方、学校内でも自立型学習は促進されることがあります。


例えば、プロジェクトベースの学習や研究課題など、学生が自分の興味や目標に基づいて学習活動を選択し、計画し、実行する機会を提供することで、自立型学習の精神を育むことができます。


教師はガイドとして学生をサポートしながらも、学生に学習の主導権を持たせることを目指します。


要するに、自立型学習は学校の内外を問わず、学習者が自分の学習に責任を持ち、主導することを促す学習方法です。


学校の外では自分自身で学習環境を整える必要がありますが、学校内でも自立して学ぶ姿勢は大切にされます。




閲覧数:14回0件のコメント

Comentarios


bottom of page