top of page

持続可能な開発のための2030アジェンダとSDGs

アジェンダ2030とは、2015年9月に国連サミットで採択された、持続可能な開発のための国際的な行動計画です。 公式には「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と呼ばれ、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals, SDGs)として知られる17の目標を含んでいます。 これらの目標は、貧困の撲滅、飢餓の撲滅、良質な教育の提供、性別による不平等の解消、気候変動への対策など、社会的、経済的、環境的な持続可能性の3つの側面を網羅しています。

アジェンダ2030は、全ての国が共通の責任を持ち、貧困や不平等といった課題に対処し、地球の自然環境を保護しながら経済的な成長を実現することを目指しています。 この行動計画は「誰一人取り残さない(Leave No One Behind)」を基本原則とし、特に最も脆弱な立場にある人々に焦点を当てています。






アジェンダ2030の主な特徴

  • 普遍性: 開発途上国だけでなく、先進国にも適用される普遍的な目標を設定しています。

  • 統合性: 経済的、社会的、環境的な側面が相互に関連していることを認識し、これらのバランスをとることを目指しています。

  • 包摂性: すべての人々、特に貧困や脆弱な立場にある人々の参加と利益を重視しています。

アジェンダ2030の実現に向けた課題

アジェンダ2030の目標達成には、国際社会の連携や革新的なアプローチが求められています。また、データの収集や分析、目標達成のための資金調達など、実施にあたっては多くの課題があります。しかし、このアジェンダが提起する目標は、持続可能な未来を実現するための重要な指針となっています。



Sustainable Development Goals, SDGsとは アジェンダ2030の一環として設定されたこれらの17の目標は、貧困撲滅、飢餓の根絶、良質な教育の普及、性別平等の促進、清潔な水と衛生の確保、気候変動への対策など、広範な社会的、経済的、環境的課題に取り組むことを目指しています。

SDGsは、17の目標と169の具体的なターゲットから成り立っており、「誰一人取り残さない(Leave No One Behind)」を基本理念としています。 これらの目標は、全ての国々が持続可能な開発に向けて行動を起こすよう促し、人間と地球の未来のためにより良い世界を構築するための国際的な取り組みを象徴しています。

SDGsの17の目標

  1. 貧困をなくそう

  2. 飢餓をゼロに

  3. すべての人に健康と福祉を

  4. 質の高い教育をみんなに

  5. ジェンダー平等を実現しよう

  6. 安全な水とトイレを世界中に

  7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに

  8. 働きがいも経済成長も

  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう

  10. 人や国の不平等をなくそう

  11. 住み続けられるまちづくりを

  12. つくる責任 つかう責任

  13. 気候変動に具体的な対策を

  14. 海の豊かさを守ろう

  15. 陸の豊かさも守ろう

  16. 平和と公正をすべての人に

  17. パートナーシップで目標を達成しよう

SDGsの実現に向けては、国際的な連携だけでなく、地方政府、民間企業、市民社会など、社会のあらゆるレベルでの参加と協力が必要です。 SDGsは、持続可能な未来を目指すための道しるべであり、現代だけでなく、未来の世代にとってもより良い世界を築くための共通の目標となっています。


閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page