top of page

ChatGPT 特別支援学校と特別支援教育支援センターの違いを教えて

今まで、少し漠然としていたものの整理をしたくて、ChatGPTにお願いしてみました。 知っているようで知らないうちに法律がどんどん変わって、名称が変わったりしているのですね。こういうものの歴史や経路、団体を調べるとき、ChatGPTはとても強いです。 もっと丁寧に調べればいろいろ教えてくれますが、今回は辞書的な使い方のみを紹介します。



💫肢体不自由と身体障害の違いは?



特別支援学校の種類


聴覚支援学校(ろう学校):

聴覚に障害のある児童生徒を対象とする学校です。聴覚支援学校は、聴覚障害者のための特別支援教育を提供します。


肢体不自由支援学校(養護学校):

肢体不自由など身体的な障害のある児童生徒を対象とする学校です。これまでの「養護学校」は、一部の学校での名称であり、現在は「肢体不自由支援学校」という名称が一般的です。


知的障害支援学校:

知的障害のある児童生徒を対象とする学校です。知的障害支援学校では、知的障害者向けの特別支援教育が提供されます。


身体障害支援学校:

身体的な障害のある児童生徒を対象とする学校です。身体障害支援学校では、身体障害者向けの特別支援教育が提供されます。





💫肢体不自由と身体障害の違いは?

肢体不自由と身体障害は、関連するが異なる概念です。

以下にそれぞれの違いを説明します:


肢体不自由(Physical Disability):

肢体不自由は、身体の一部に機能の制限や障害がある状態を指します。これには四肢(腕や足)の筋力や運動能力の制約、不自由さが含まれます。

肢体不自由には多くの種類があり、例えば車椅子を必要とする車椅子利用者、松葉杖を使う人、義肢を装着する人などが含まれます。

肢体不自由は、さまざまな原因によって引き起こされる可能性があります。事故、先天的な障害、病気、怪我などが原因となります。


身体障害(Physical Impairment):

身体障害は、身体全体または特定の部分に障害や損傷がある状態を指します。これには視覚障害、聴覚障害、運動障害などが含まれます。

身体障害は、身体の機能に制限をもたらす状態を示す広いカテゴリーであり、肢体不自由だけでなく、他の種類の身体的な障害も含まれます。

身体障害は、運動能力、感覚能力、知覚、認知などに影響を与えることがあります。また、先天的なものや後天的なもの、病気によるものなどがあります。



要するに、肢体不自由は具体的に四肢の運動に関連する障害や制約を指し、身体障害は身体全体または特定の部分における機能の制約や障害を総称しています。身体障害は、肢体不自由だけでなく、視覚障害や聴覚障害なども含みます。





特別支援教育支援センター

特別支援教育支援センターは、特別支援教育に関する情報提供や支援、教育機関への支援を行う機関です。


オンライン学習の促進:

学校の休校やリモート学習への移行により、オンライン教育リソースへのアクセスとその使用が促進されました。


在宅勤務とワークライフバランス:

在宅勤務の増加に伴い、仕事と家庭生活のバランスを取る新しい方法が必要とされています。


子どもの安全とメンタルヘルス:

学校閉鎖や社会的距離の確保により、子どもの社会的な相互作用やメンタルヘルスへの影響が懸念されています。


経済的支援の拡充:

コロナウイルスの影響を受けた家庭への経済的支援策が拡充され、特に低所得家庭や非正規雇用者に対する援助が強化されました。


保育所と学校の対策:

保育所や学校での感染防止対策が強化され、衛生管理や児童生徒の健康管理が重視されています。


緊急時の対応策の見直し:

パンデミックにより、緊急時の子育て支援や教育システムにおける対応策が見直されています。



特別支援教育支援センターの役割

教育機関への支援: 特別支援教育支援センターは、通常の学校や特別支援学校における特別支援教育の提供に関する情報やアドバイスを提供します。教育機関の教職員や教育関係者に対して、特別支援教育の専門知識や教材の提供、研修などを行います。


保護者への支援:

特別支援教育支援センターは、保護者に対して特別支援教育に関する情報やカウンセリングを提供することがあります。保護者が児童生徒の特別支援教育に関する適切な支援を受けられるようサポートします。


専門的な評価とアドバイス: 特別支援教育支援センターは、児童生徒の特別支援ニーズに関する評価を行い、その結果に基づいて教育プランや支援策を提案します。


情報提供:

特別支援教育に関する情報を提供し、特別支援教育の理解を広める役割も担っています。




 

私は自治体で行われる会議の議事録などを作成したりしますが、団体名やその組織の役割などは一度学んでも、法律が変わるたびに、知らないうちに名称が変わったりしていることがあります。仕事としてこういう名称に注意深くかかわっている私たちがそうなのですから、当事者が情報を調べるときは、もっと大変だろうと思います。


だって、インターネットには古い情報と新しい情報が混在しているからです。

その点、ChatGPTに聞けば、時系列に法律やできごとを整理してくれます。

これは、ほんの一つの例ですが、多岐にわたる情報がすべてこれに当てはまります。


そして、今回の、「肢体不自由と身体障害の違いは?」のような質問で、似たような言葉があったとき、知っているような知らないような言葉に出会っても、ChatGPTは即座に違いを教えてくれます。



閲覧数:0回0件のコメント

Kommentare


bottom of page