top of page

ノーマライゼーションとユニバーサルデザイン




ノーマライゼーションとユニバーサルデザイン


ノーマライゼーションとユニバーサルデザインは、どちらも社会のすべての人が平等に暮らせる社会を目指す考え方ですが、異なる視点とアプローチを持っています。


1. ノーマライゼーション

  • 1950年代に北欧で生まれた考え方

  • 障害のある人もない人も、できる限り同じように生活できる社会を目指す

  • 障害者を取り巻く障壁を取り除くことで、社会参加を促進する

  • 具体的には、バリアフリー化や差別解消などの取り組み

2. ユニバーサルデザイン

  • 1980年代にアメリカで生まれた考え方

  • できるだけ多くの人が、特別な変更や努力をすることなく利用できる製品や環境を作る

  • 年齢、性別、能力、障害の有無に関わらず、すべての人が使いやすいデザインを目指す

  • 具体的には、段差のないスロープや、誰でも使いやすいトイレなどの設計

関係性

ノーマライゼーションは、社会全体の考え方として、ユニバーサルデザインは、その実現のための具体的な方法として捉えることができます。

  • ノーマライゼーション:障害のある人が学校や職場に参加できる

  • ユニバーサルデザイン:誰でも使いやすい教材や設備

課題

  • ノーマライゼーション:社会全体の意識改革が必要

  • ユニバーサルデザイン:すべての人にとって使いやすいデザインを実現するのは難しい

重要性

ノーマライゼーションとユニバーサルデザインは、すべての人が平等に暮らせる社会を実現するために、重要な役割を果たしています。

参考情報

その他

これらの考え方は、社会福祉だけでなく、建築、教育、製品開発など、さまざまな分野で活用されています。



障害者や病気の人にやさしい考え方


1. ラベリングをしないこと

障害や病気を理由に人を決めつけない。その人の個性や能力に目を向ける。

2. 個人の尊厳を尊重する

障害や病気の有無に関わらず、すべての人が尊厳を持って扱われるべきであることを忘れない。

3. バリアフリーの意識を持つ

物理的なバリアだけでなく、情報やコミュニケーションのバリアにも配慮する。

4. 相手の立場に立って考える

自分が同じ状況だったらどう感じるかを想像し、相手のニーズに合わせた対応をする。

5. 思いやりと優しさを忘れない

困っている人がいたら、声をかけたり手を差し伸べたりする。

具体的な行動例

  • 車いすユーザーが段差で困っている場合は、声をかけたり手を貸したりする。

  • 聴覚障害者と話す場合は、ゆっくりと口を大きく動かして話す。

  • 視覚障害者と歩く場合は、白杖を持つ側に寄り添って歩く

  • 病気療養中の人には、無理をさせないように気遣う。

  • 障害や病気について理解を深めるために、勉強会や講演会に参加する。

これらの考え方を意識することで、障害者や病気の人が安心して暮らせる社会を作ることができます。

その他

  • 障害者や病気の人と接する際には、不安や戸惑いを感じることもあるかもしれません。しかし、そのような気持ちは自然なことです。大切なのは、相手を尊重し、理解しようと努めることです。

  • 障害者や病気の人に関する情報は、信頼できる情報源から得ることが大切です。偏見や差別につながる情報は避けるようにしましょう。


障害者や病気の人に関わる専門用語


1. 障害者に関する用語

  • 障害: 身体、知的、精神の機能に制限があること。

  • 障害者: 障害によって日常生活や社会生活に制限がある人。

  • 身体障害: 身体の機能に制限があること。

  • 知的障害: 知的な機能に制限があること。

  • 精神障害: 精神の機能に制限があること。

  • 発達障害: 発達に著しい遅れや偏りがあること。

  • 難病: 原因が不明で治療法が確立していない病気。

  • 慢性疾患: 長期間にわたって経過する病気。

  • 精神疾患: 精神の機能に障害を引き起こす病気。

  • 認知症: 脳の機能が低下し、記憶力や判断力が衰える病気。

2. 障害者福祉に関する用語

  • 障害者総合支援法: 障害者の自立と社会参加を支援するための法律。

  • 障害福祉サービス: 障害者が日常生活や社会生活を営むために必要なサービス。

  • 障害年金: 障害がある人に対して支給される年金。

  • 障害者雇用納付金制度: 障害者を一定数以上雇用している企業に対して国から助成金を支給する制度。

  • 合理的配慮: 障害者が社会生活を送る上で必要な配慮。

その他

障害者や病気に関する情報は、日々更新されています。最新の情報を得るためには、信頼できる情報源をチェックするようにしましょう。


閲覧数:1回0件のコメント

Kommentare


bottom of page