top of page

家具・家電付き、見守り付き賃貸があるといいな[PR]

更新日:6月21日




家具・家電付き、見守り付き賃貸は、近年需要が高まっていますね。


入居の手間が省け、すぐに新生活を始められることや、高齢者の方でも安心して暮らせる環境が整っていることが人気の理由です。

家具・家電付き賃貸は、ベッド、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどの基本的な家具家電が最初から備え付けられているので、引っ越し後すぐに生活を始めることができます。 特に、一人暮らしを始める方や、短期間の居住を予定している方にとって、初期費用を抑えることができるメリットがあります。

見守り付き賃貸は、高齢者の方や一人暮らしの方向けの物件で、緊急時に駆けつけられるサービスや、定期的に安否確認を行うサービスなどが提供されています。


近年では、ICTを活用した見守りシステムを導入している物件も増えており、入居者の安全をより高めることができます。


家具・家電付き、見守り付き賃貸は、様々な業者が取り扱っています。




家具・家電付き、見守り付き賃貸を探す際には、以下の点に注意する必要があります。

  • 家賃:家具・家電付き、見守り付き賃貸は、通常の賃貸物件よりも家賃が高くなる傾向があります。予算に合致する物件を見つけることが重要です。

  • 設備:備え付けられている家具家電の種類や、見守りサービスの内容を確認しましょう。

  • 立地:必要な施設が近くに揃っているか、交通の便が良いかを確認しましょう。

  • セキュリティ:オートロックや防犯カメラなどの設備が整っているか確認しましょう。

家具・家電付き、見守り付き賃貸は、快適で安全な生活を送りたい方におすすめの物件です。上記の点を参考に、自分に合った物件を見つけてください。


物件見学の注意点は?


物件見学は、実際に住む場所を確認する大切な機会です。後悔のない選択をするために、以下の点に注意して見学しましょう。


事前準備

  • 希望条件を明確にする:家賃、広さ、間取り、築年数、駅からの距離など、希望条件を明確にしておくと、見学時に効率よく確認できます。

  • 必要な持ち物を用意する:筆記用具、メジャー、カメラ、スマホ(メモアプリ)、軍手(スリッパ忘れ対策)などがあると便利です。

  • 周辺環境を確認する:物件周辺の治安、交通アクセス、買い物施設、公園などの環境を事前に調べておきましょう。

見学

  • 時間: 十分な時間を確保して見学しましょう。複数物件をまとめて見学する場合は、移動時間も考慮して計画を立てましょう。

  • 外観: 建物全体の外観や共用部分の状態をチェックしましょう。

  • 室内: 日当たり、広さ、収納、設備、キズや汚れなどをチェックしましょう。気になる箇所は、写真に撮っておくと良いでしょう。

  • 周辺: 周辺の騒音や交通状況、日当たりなどを確認しましょう。

  • 質問: 不明点は遠慮なく不動産担当者に質問しましょう。

その他

  • 複数の物件を比較検討する: 複数の物件を見学し、比較検討してから決めましょう。

  • 契約前に内容を確認する: 契約書の内容をしっかりと確認し、疑問点があれば遠慮なく質問しましょう。

以下、具体的なチェックポイントをご紹介します。

室内

  • 日当たり: 窓の位置や大きさ、周辺の建物などを確認して、日当たりの良い場所かどうか確認しましょう。

  • 広さ: 家具を置いた時のことを考えて、実際の広さを体感しましょう。

  • 収納: 収納スペースの大きさや使い勝手を確認しましょう。

  • 設備: キッチン、浴室、トイレなどの設備をチェックしましょう。特に、水回りの設備は念入りに確認しましょう。

  • キズや汚れ: 壁、床、天井、窓ガラスなどのキズや汚れをチェックしましょう。

  • コンセント: コンセントの位置と数を確認しましょう。

  • エアコン: エアコンの設置状況を確認しましょう。

  • インターネット: インターネットの利用が可能かどうか確認しましょう。

共用部分

  • エレベーター: エレベーターの有無、台数、大きさなどを確認しましょう。

  • ゴミ置き場: ゴミ置き場の場所、広さ、清掃状況などを確認しましょう。

  • 駐輪場: 駐輪場の有無、台数、屋根の有無などを確認しましょう。

  • 駐車場: 駐車場の有無、料金、車の大きさ制限などを確認しましょう。

周辺環境

  • 駅からの距離: 駅までの距離と、実際に歩いてみた時の所要時間を確認しましょう。

  • 交通アクセス: バス停やタクシー乗り場までの距離を確認しましょう。

  • 買い物施設: スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどの買い物施設までの距離を確認しましょう。

  • 公園: 公園や緑地までの距離を確認しましょう。

  • 学校: 学校までの距離、校区などを確認しましょう。

  • 病院: 病院までの距離を確認しましょう。

  • 治安: 周辺の治安について、不動産担当者に聞いてみましょう。

  • 騒音: 周辺の騒音レベルを確認しましょう。特に、夜間の騒音は注意が必要です。

  • 日当たり: 周辺の建物の高さなどを確認して、日当たりの良い場所かどうか確認しましょう。

物件見学は、焦らずじっくりと時間をかけて行うことが大切ですね。上記の注意点 を参考に、自分に合った物件を見つけられるといいですね💕



閲覧数:6回0件のコメント

Comentários


bottom of page