top of page

【障害福祉サービス】相談支援専門員とは?

更新日:3月31日




相談支援専門員は、障害のある人々が必要とする様々なサービスや支援を受けるための相談や手続きの支援を行う専門職です。この役割は、障害者自身やその家族が社会の中で自立した生活を送ることができるようにサポートすることを目的としています。 具体的には、利用可能なサービスの情報提供、サービス利用のための手続き支援、権利擁護、生活全般にわたる相談支援など、多岐にわたる業務を行います。

また、相談支援専門員は、障害の種類や程度、個々のニーズに応じた適切なサービスの提案や計画を立てるために、専門的な知識と技術が求められます。 そのために、専門的な研修を受けたり、資格を取得する必要がある場合もあります。日本では、相談支援専門員の資格や役割は、障害者自立支援法などの法律によって定められています。



相談支援専門員はどうやって探すのですか?



以下の方法が一般的です:

  1. 地域の障害者支援センターに問い合わせる:  地域によって名称は異なりますが、障害者総合支援センター、障害者相談支援センターなど、障害のある人々をサポートするための公的機関があります。ここでは、相談支援専門員を紹介してもらえることが多いです。

  2. 市町村の福祉窓口に問い合わせる:  市町村の役所内にある福祉関連の窓口では、地域内での様々な福祉サービスについての情報提供を行っています。相談支援専門員の紹介を受けることができます。

  3. インターネットで検索する:  地域名や必要なサービスをキーワードにインターネット検索をすることで、相談支援専門員や関連する機関の情報を見つけることができます。

  4. 専門団体や組織に問い合わせる:  障害者支援に関連する専門団体や組織があります。これらの団体に問い合わせることで、専門員の情報やサポートを受ける方法について相談できます。

  5. 知人や周囲の人からの紹介:  すでに障害支援サービスを利用している知人や友人、または関連する医療機関や専門家から相談支援専門員を紹介してもらう方法もあります。

相談支援専門員を探す際は、個々のニーズに最も適したサポートを提供できる専門員を見つけるため、複数の情報源を利用して情報を収集することが重要です。



相談支援専門員は、介護保険制度でいえば、ケアマネみたいな存在でしょうか。障害と高齢者介護両方がわかる人?


相談支援専門員は、障害者支援の分野で活動する専門職であり、高齢者介護でいうケアマネージャー(介護支援専門員)に似た役割を持っていますが、対象とするサービスやニーズが異なります。

ケアマネージャーは、主に高齢者の介護が必要な人々を対象に、その人が必要とする介護サービスの計画を立て、サービス提供がスムーズに行われるように調整する役割を持っています。これに対して、相談支援専門員は、障害を持つ人々が対象で、生活全般にわたる支援やサービスの提供、権利擁護、社会参加の促進などを目的としています。

ただし、障害者支援と高齢者介護の両方に精通している相談支援専門員もいます。特に高齢になってから障害を持つようになった人々や、障害のある高齢者を支援する場合には、両方の知識が求められることがあります。 これらの専門員は、障害と高齢者介護の両方に関する制度やサポートを理解し、個々のニーズに合わせた適切な支援を提供できるため、重要な役割を担っています。


そのため、相談支援専門員が高齢者介護の分野にも精通しているかどうかは、その人の経験や研修、資格によって異なります。必要に応じて、障害者支援の知識だけでなく、高齢者介護に関する知識も持つ専門員を探すことが重要です。


特に障害者支援に詳しい人ということですね?


はい、その通りです。 相談支援専門員は特に障害者支援に詳しい専門職で、障害を持つ人々やその家族が日常生活を送る上で必要なサポートやサービスの提供、情報提供、権利擁護などを行います。 彼らは障害者の社会参加を促進し、自立した生活をサポートするための専門的な知識と技術を持っています。障害の種類や程度、個人のニーズに応じた適切なサービスや支援の計画を立てるため、障害者支援に関する広範囲な知識が必要になります。

閲覧数:10回0件のコメント

Comments


bottom of page