top of page

深刻な社会問題、大人のひきこもり

更新日:3月10日






深刻化する大人のひきこもり


大人のひきこもりは、近年ますます深刻化する社会問題となっています。

厚生労働省の令和5年版「ひきこもり」の実態調査によると、15歳から39歳までのひきこもり状態の人は、推計61万人いるとされています。これは、過去最多の数字です。知られているだけで、不登校の倍の数になります。

ひきこもり状態とは、「学校に通っていない、仕事をしていない、家からほとんど外出していない」状態を指します。


内閣府の調査では、2022年11月現在で、146万人 全国の10歳から69歳の合わせて3万人を対象にアンケート調査

── 定義によって全く数字が変わってきます。

ひきこもりは、様々な要因によって引き起こされます。

主な要因

  • 不登校・ニート

  • 人間関係

  • 仕事

  • 精神疾患

  • その他

ひきこもりは、本人だけでなく、家族にも大きな負担となります。

家族の負担

  • 経済的な負担

  • 精神的な負担

  • 介護の負担

ひきこもり状態から脱却するためには、

  • 本人の意思

  • 家族の理解

  • 周囲の支援

が必要となります。

政府は、ひきこもり対策として、

  • 相談窓口の拡充

  • 就労支援

  • 医療支援

  • 居場所づくり

などの取り組みを進めています。

ひきこもりは、決して本人の甘えや怠けによるものではありません。様々な要因が複雑に絡み合って起こる問題です。


ひきこもりで悩んでいる場合は、一人で抱え込まずに、周囲に相談することが大切です。相談できる相手としては、家族、学校、カウンセラー、医療機関などが挙げられます。


周囲の人々が理解を示し、適切な支援を行うことで、ひきこもり状態から脱出することは可能です。



ひきこもりは、社会全体で取り組んでいくべき課題です。


理解と支援を深め、ひきこもり状態の人々が社会復帰できるよう、

私たち一人一人ができることを考えていくことが重要です。



ひきこもり過去最多 39歳以上の現状は?


内閣府の調査によると、15歳から39歳までのひきこもり状態の人は推計54万人であり、40歳から64歳までのひきこもり状態の人は推計61万人となっています。

── 内閣府と厚生労働省の調査では、15-39歳の数に10万人も違いがあります。数字は現実を表していませんね。


39歳以上のひきこもりには、以下のような特徴があります。

  • 長期間ひきこもり状態にある

  • 社会的な経験が少ない

  • 経済的な困窮

  • 健康問題

  • 家族の介護

39歳以上のひきこもりは、15歳から34歳のひきこもりに比べて、より複雑な問題を抱えています。

39歳以上のひきこもりへの支援としては、

  • 就労支援

  • 生活支援

  • 医療支援

  • 家族支援

などが重要となります。

政府は、39歳以上のひきこもり対策として、

  • 就労支援の拡充

  • 生活支援の充実

  • 医療・福祉サービスとの連携強化

などの取り組みを進めています。



医療機関への不安を解消するには


医療機関への不安は、多くの方が抱えるものです。


医療機関への不安の原因

  • 診察を受けることへの不安

  • 検査を受けることへの不安

  • 治療を受けることへの不安

  • 医療費への不安

  • 医師や看護師への不安

医療機関への不安を解消するには

  • 情報収集

  • 相談

  • 付き添い

情報収集

医療機関に行く前に、インターネットや書籍などで情報収集をしておくと、不安を軽減することができます。

相談

家族や友人などに相談することで、不安を共有し、気持ちが楽になることがあります。

付き添い

不安な場合は、家族や友人に付き添ってもらって医療機関に行くのも有効です。

医療機関の選び方がとても重要です。

  • 評判の良い医療機関を選ぶ

  • 自分に合った医療機関を選ぶ

  • 医師や看護師との相性

医療機関に行く前に

  • 質問事項をリストアップしておく

  • 必要な書類を準備しておく

  • 保険証を持参する

医療機関に行った時

  • 医師や看護師に不安を伝える

  • わからないことは質問する

  • 自分のペースで治療を進める

医療機関への不安は、決して恥ずかしいことではありません。

不安を解消するために、積極的に情報収集をしたり、周囲の人に相談したり、医療機関に尋ねたりしましょう。

医療機関は、あなたの健康を守るために必要なサポートを提供してくれる場所です。安心して医療を受けるために、できることを尽くしましょう。


医療を受けることは、決して恥ずかしいことではありません。

自分の心身の健康を守るために、必要な医療を受けましょう。




医療にかかる前でも、医療ソーシャルワーカーに相談できます


医療ソーシャルワーカーは、病院や診療所などの医療機関に勤務する専門職です。


医療ソーシャルワーカーに相談できる内容

  • 医療費に関する相談

  • 生活支援に関する相談

  • 介護に関する相談

  • 福祉サービスに関する相談

  • 心理的な相談

医療ソーシャルワーカーに相談するメリット

  • 専門的なアドバイスを受けられる

  • 様々な支援を受けることができる

  • 安心して医療を受けることができる

医療ソーシャルワーカーに相談するには

  • 医療機関の窓口で相談する

  • 医療機関に電話で相談する

  • 医療機関のホームページから相談する

医療ソーシャルワーカーは、患者さんやその家族の心身の健康と社会復帰をサポートする大切な存在です。

医療にかかる前に不安や心配なことがあれば、医療ソーシャルワーカーに相談することをおすすめします。


医療を受けることは、決して恥ずかしいことではありません。

自分の心身の健康を守るために、必要な医療を受けましょう。




医療ソーシャルワーカーの仕事内容

医療ソーシャルワーカーは、病院や診療所などの医療機関で、患者さんやその家族が抱える様々な問題を解決するために支援を行う専門職です。


主な仕事内容

  • 相談:患者さんやその家族から、医療費や生活、介護、福祉サービスなどに関する相談を受け、必要なアドバイスや支援を行う

  • 情報提供:医療や福祉に関する情報を収集し、患者さんやその家族に提供する

  • 制度利用支援:医療費助成制度や介護保険制度などの利用手続きを支援する

  • 関係機関との連携:医療機関以外の関係機関と連携し、患者さんやその家族の支援を行う

  • 退院支援:退院後の生活に向けて、必要な支援を調整する

  • 心理的な支援:病気や入院による不安やストレスなどを軽減するための支援を行う

医療ソーシャルワーカーは、患者さんやその家族が安心して医療を受けられるように、様々な側面からサポートする重要な役割を担っています。


医療ソーシャルワーカーになるには

  • 大学や短大で社会福祉に関する学科を卒業する

  • 医療ソーシャルワーカー養成施設で専門的な知識と技術を学ぶ

  • 国家試験に合格する

医療ソーシャルワーカーは、人の役に立つ仕事がしたい、社会福祉に興味がある、人と接することが好きな方に向いている仕事です。

医療ソーシャルワーカーは、患者さんやその家族の心身の健康と社会復帰をサポートする大切な存在です。医療を受ける前に不安や心配なことがあれば、医療ソーシャルワーカーに相談することをおすすめします。



参考情報


内閣府の調査と厚生労働省の調査の数字が違うところを見ると、ひきこもりの定義がかなり違うように思われます。



閲覧数:18回0件のコメント

Comments


bottom of page