top of page

WBS(Work Breakdown Structure)とは?

WBS(Work Breakdown Structure) とは





ChatGPT

WBS(Work Breakdown Structure)は、プロジェクト管理で使われる手法で、プロジェクト全体の作業を階層的に分解して構造化したものです。大まかに言うと、プロジェクトの全体像を捉え、必要なタスクや成果物を段階的に細分化していくことで、次のような目的を達成します。

  1. プロジェクトの明確化: プロジェクトの全体像と必要なタスクを明確にします。

  2. 進捗の把握: 各タスクの進行状況を追跡しやすくなります。

  3. リソースの最適化: タスクごとに必要な人員や資源を割り当てることができます。

  4. スケジュール管理: 各タスクのスケジュールを調整し、プロジェクト全体のスケジュールを管理しやすくします。

  5. 予算管理: 各タスクに予算を割り当て、予算管理を容易にします。

WBSの構造は、一般的にツリーストラクチャー(階層構造)で表現されます。上位の階層には主要な成果物やマイルストーンが含まれ、下位の階層にはそれに関連する詳細なタスクが配置されます。 各タスクにはユニークな識別子が与えられ、プロジェクトの各部分を整理して管理します。

例:

  1. プロジェクト名 1.1. 成果物1

  • 1.1.1 タスクA

  • 1.1.2 タスクB 1.2. 成果物2

  • 1.2.1 タスクC

  • 1.2.2 タスクD

WBSのポイント:

  • 階層構造にすることで、作業範囲を漏れなく、かつ重複なく管理できる。

  • タスクや成果物ごとにリソースや予算、スケジュールを割り当てて進捗を追跡できる。

プロジェクトの成功に不可欠なツールなので、WBSを作成することでプロジェクト全体の見通しが良くなり、関係者間の共通理解も深まります。



※ でも、WBSはプロジェクトの一部でしかありません。   論点がずれていれば、プロジェクトの成功にはほど遠い。

 ── なんのためにそれやるんですか? 本当に必要ですか?



閲覧数:12回0件のコメント

Comentários


bottom of page